仙台 小児歯科 フレンド歯科

仙台で小児矯正をお考えの方へ

フレンド歯科では小児歯科治療の他にも小児矯正治療も行っております。
歯並びや噛み合わせが気になる場合、お気軽にご相談下さい。

低年齢児の小児矯正

低年齢児の小児矯正

仙台のフレンド歯科で行っている低年齢児の小児歯科における矯正とは乳歯が生えている頃、または永久歯が生えそろう前に、歯並びを継続的に管理し、最初からよい歯並びを作るという概念に基づく治療体系です。仙台の小児歯科専門医で行っているところは少ない治療法です。

できるだけ小さい頃から歯並びをきれいにするという概念から出発します。
小さいうちからの矯正は歯並びの問題が出る前、または問題が大きくなる前に積極的に歯並びを治すという点で予防的療法の一つといえます。

低年齢時の歯並びを改善した場合の利点

  • 初期に開始すれば、骨が柔らかいから顔全体の骨の形態の修正、変化量を大きくできます。
  • 小児矯正の期間中は予防的行為も平行してできるため、むし歯などの予防効果もあります。
  • 装置は大人が考えるほど大変ではありません。低年齢ほど装置に対する慣れが出るため苦痛は少なくなります。
  • 低年齢児の小児は、かみ合わせが悪くなってから治すのではなく、永久歯の生え始めの頃から正しいかみ合わせを作っていく目的で行われるため、悪くなっていくという状況が起こりにくいのです。

低年齢児の小児矯正の治療の流れ

歯並びについての説明後レントゲン、歯型などの資料を取る

次へ

分析診断結果の説明をする

次へ

治療開始(取り外し可能なプレートまたはワイヤーによる固定式装置)

プレートと固定矯正装置

自分の好きなシールをはさんで、こんなに楽しいオリジナルの矯正具で治療ができます。

矯正装置
矯正装置
矯正装置

小児矯正の治療例

症例1

上あご:前歯のすき間がプレートによって早期に閉じました。

術前
術前
プレート装着
プレート装着
使用したプレート
使用したプレート
1年経過後
1年経過後

下あご:前歯のでこぼこが治りました。

術前
プレート装着
使用したプレート
1年経過後

症例2

上あご:前歯が大きく重なりそうです。これをプレートで改善しました。

術前
術前
プレート装着
プレート装着
使用したプレート
使用したプレート
1年経過後
1年経過後

下あご:永久歯が重なって生えようとしています。早期に治療してきれいに並びました。

術前
プレート装着
使用したプレート
1年経過後

症例3

上あご:あごが小さく、まだ生えない歯がねじれている

術前
術前
レントゲン写真
(永久歯がねじれている)
レントゲン写真
装置であごが広がっている
装置であごが広がっている
前歯が正しく並んでいる
前歯が正しく並んでいる

下あご:乳歯が癒合歯(歯が少ない)だったため、永久歯がならばない。

術前
プレート装着
使用したプレート
1年経過後

症例4

上あご:乳歯がでこぼこでしたが、永久歯が生えるすき間を作りました。

術前
術前
プレート装着
プレート装着
使用した固定式装置
使用した固定式装置
前歯は余裕を
持って並んでいる
前歯は余裕を持って並んでいる

下あご:乳歯のでこぼこが治療により、余裕をもって永久歯が生えました。

術前
プレート装着
使用したプレート
1年経過後

永久歯になってからの矯正治療

フレンド歯科では、永久歯になってから治療する小児の矯正治療もしっかりと行っております。
これまで説明した低年令児の矯正は小さなお子さんの歯並びをゆっくりとその子の力を引き出しながら進めていく矯正治療ですが、小学生高学年になったらの矯正治療も行います。下記のパターンの写真を参考に見てください。

上あごの出っぱ

術前
術前
術中
術中
術後
術後

前歯のデコボコ

術前
術前
術中
術中
術後
術後

受け口

術前
術前
術中
術中
術後
術後

ムーシールドによる反対咬合の矯正治療

乳歯の反対咬合は夜だけの装置使用で改善します。
マスコミでも取り上げられている話題の治療法。
ムーシールドの改善症例です。

ムーシールド装置
ムーシールド装置
術前
術前
術後
術後