仙台 小児歯科 フレンド歯科

小児歯科専門医

小児歯科本来の目的は、お子さんの成長に合わせて、心身とお口の健康管理(トータルヘルスケア)をしていくことです。乳歯の生え始まる生後6ヶ月から、大人になるまでの間、口の中はどんどん変化していきます。その変化に応じて、子どもの心の発達に合わせた対応をしながらお口の健康管理をしていくのが小児歯科専門医療です。院長は、日本小児歯科学会で研究や臨床実績をもとに承認された専門医です。

仙台の小児歯科・フレンド歯科の理念

理念

仙台の小児歯科として当院では次のような取り組みをしています。
歯科治療はどなたにとっても、不安や心配なことばかりです。

このため、フレンド歯科では患者さんが少しでも気持ちを楽にして診療を受けられるよう配慮しています。院長はフレンドリーなスマイルとユーモアのある会話に心がけています。また、患者さんの不安の解消のためにも、小児歯科に必要な心理的カウンセリングに努めています。

「親業」という親子のコミュニケーションに関する講演やユーモアある腹話術公演は小児歯科診療に生かすためにも仙台の幼稚園、小学校などで精力的に行っています。心と心が触れ合う診療室にチャレンジしています。

治療が怖くても大丈夫!

歯医者さんは怖くないよ!

歯医者さんは怖くないよ
歯医者さんは怖くないよ
歯医者さんは怖くないよ

治療の前に先生のコミュニケーションスキルを活かし、十分にスキンシップをとり、お子さんの不安を出来るだけ取り除きます。

特に不安の強いお子さんには「笑気吸入鎮静法」

笑気吸入鎮静法

不安の強いお子さんには「笑気吸入鎮静法」を行っております。
笑気を吸って不安を取り除き、歯に麻酔をし、痛みを感じにくくしてから治療を行う方法です。

小児歯科専門医の安全・安心治療(ラバーダム)

ラバーダム

子どもは唾液(つば)が多く、また不意に動くこともあり、むし歯の治療はとても難しいものです。
仙台のフレンド歯科では確実な処置と危険防止のため、ゴムを歯にかける「ラバーダム」という特殊な方法を用いています。

お父さん、お母さんと一緒だから怖くない

お父さん、お母さんと一緒

お父さんやお母さんと一緒に治療を受けることができるので安心です。
治療の内容を見せ、保護者の方にも安心していただくようにしています。

子どもだからこそ、しっかりと説明をします

治療
説明
小児歯科

治療の前に先生のコミュニケーションスキルを活かし、十分にスキンシップをとり、お子さんの不安を出来るだけ取り除きます。

先生からのごほうびシール

ごほうびシール

仙台の小児歯科、フレンド歯科ではおりこうに治療をしてくれたお子さんに「また、来る楽しみ」を持ってもらえるようにシールをプレゼントしています。